ダイエット

思い込みは危険!アラサー女性が意識すべき【正しいダイエット方法】

こんにちは!あるぱかママです。

気が付いたら新年があけてから1週間が過ぎていました!!

昨日遅ればせながらセールのために街へ出かけまして、
年齢の割にはちょっと可愛すぎるかなぁ、無理してないかなぁ、まぁ大丈夫かなぁ、
という程度のコンサバ系の洋服を購入してきました。

娘が抱っこ紐の中でぐっすり眠っており、
試着せずに買ってしまったんですが・・・
家に帰ってきてあらビックリ。

あるぱかママ
あるぱかママ
私、めっちゃオバサン体型になってる・・・!

出産して体型がたるんだ上に、年末年始の暴飲暴食。

下腹が出っ張ったたぷたぷのお腹。
段々になった背中。
ボンレスハムのような二の腕。

自分で引いてしまうくらい、太っていました・・・。

太った人がコンサバ系を着たらいかんのだなぁと身をもって学びました。
可愛いどころか一気におばさん化して見えますね(^-^;

あるぱかママ
あるぱかママ
どうにか少しでも体型を若返らせて購入した服を素敵に着こなしたい・・・!

ということで、今日は

【30代の女性向け】

  • 若いころとのダイエットの違い
  • スタイル維持のために日々心掛けたいこと

をお送りします。めざせ!脱・おばさん体型!!

30歳を超えて一気に痩せにくくなった!

見た目が20代の時から劣化している

私は現在32歳。

29歳から30歳になった時、「あれ、意外とこんなもんか」とあまり心境の変化というものを感じなかったのですが、ここ数年で確実に私は30代の女性の身体になってきています

  • 痩せにくくなった。
  • ちょっと食べるとすぐ太る。
  • 今までついていなかった個所にぜい肉がついている。
    特に腰回り、下っ腹、背中がたるんでいる!
  • 太ももについたセルライトの量が目に見えて増えた。

体型に関してはこんなところでしょうか。

雑誌やテレビ・はたまた職場の先輩から聞いていた30代女性のイメージと同じです。

20代の時は、ちょっと食べすぎても翌日から気を付ければすぐに元の体型に戻ったのです。
でも30歳を越した今は少しの努力では体重が戻らなくなってしまいました。
いらないぜい肉がどっしりと体の周りに居座っている感覚です。

こうやって私も例に漏れずオバサン化していくのでしょうか・・・。

北川景子も努力していた!

奇しくも私は北川景子さんと同じ年齢。

雑誌を読んでいると同年代のモデルさんとして北川景子さんはよく登場します。

彼女は同じ人間なのだろうか?と思うほど美しいですよね。

クールビューティーながら笑った顔は少女のように可愛らしく、
顔立ちも完璧で、女性からも支持され、美容や体型に悩んだことなんてないんだろうな。
本当に神様は不公平だなぁ。

そんなことを思っていましたら、美的2019年2月号「北川景子パーフェクトな美しさ」の特集の中でこんなことをお話していたのです。

同年代の女性として、とてもハッとする言葉だったので引用させていただきます。

体に肉つきやすくなった。その分、運動量を増やしています。

食べることが好き。でも昔より食べる量は減ったのに、太りやすくなったと感じています。なるべく歩いたり、ランニングをしたり、体に負荷をかけるトレーニングを習慣に。ローラーを使った筋膜リリースも、ほぐしのために毎日しています。

あの北川景子さんでも年齢と向き合い、日々努力している。

ついでにいえば、体型維持だけではなく、スキンケア・ヘアケアもサボらず、食生活にも気を付け、常に良いコンディションでいることを心がけているのだそうです。髪の毛に関しては2週間に1度、トリートメントのためにサロン通いをしているのだとか・・・!

北川景子さんはモデルや女優のお仕事に対し強いプロ意識があるそうで、それは誌面のインタビューでも垣間見えました。

表に出る仕事をする上で、キレイでいることに責任がある。

「キレイに言い訳をしない」「自分で自分に覚悟と責任をもっていたいんです」こんなこともおっしゃっていました。

彼女の完璧な美しさは、ストイックな努力の賜物なんだなぁと思いました。

持って生まれた美しさは歴然の差があるものの、
北川景子さんだって私と同じように年齢を重ねている。

もともと美人でもなければスタイルが良くもない私が年齢や出産を理由に努力を怠るのは
情けない限りです。
北川景子さんのインタビューを読んで、どこかに眠っていたダイエットの神様(某番組より引用。)が私にも降りてきました。

あるぱかママ
あるぱかママ
私ももうすこし美に関してストイックにならないといけない!

「今年こそ痩せよう!」と思って何年目?

今年こそはダイエット成功させよう!と決意して気が付けば数年・・・という方は多いようですね。

私も店で素敵な服を見かける度、雑誌をめくるたび、

あるぱかママ
あるぱかママ
よーし!痩せよう!

と感じるのですが、明確な目標がないためか出産後は長続きしていません。

過去、ダイエットが成功したのは

  • 社会人2年目沖縄旅行を目前に1度
  • 結婚式で1度

の計2回でした。

「沖縄」「結婚式」と、どちらも明確な「目標」があったんですね。

マイナス5キロの減量に成功し、11号から7号ドレスを着た時の私の話は前回の記事にまとめていますので、よかったらご参考まで!↓

これまでの話をまとめると、

過去のダイエットから違うこと。それは

  • ゴール(目標)がないこと
  • 私が30歳という大台に乗ってしまっているということ

です。

 

アラサー世代が取り組むべき【正しいダイエット方法】

気を抜くとすぐにオバサン体型に!

アラサー世代は年齢にも痩せにくくなり、体のたるみも気になり始める年代です。
少しでも気を抜くとオバサン体型まっしぐら。それは今回のことで実感しました。

北川景子さんですら体型維持のために日々の努力を積み重ねているのです。

あるぱかママ
あるぱかママ
私たちアラサーの女性にとって

  • ダイエットは本気で向き合わなければならない課題

なんだなぁ。

これまで私も様々なダイエットを試してきました。
でも正しい方法で減量できていたかというと自信もなく・・・。

アラサー世代が取り組むべき正しいダイエット方法とは一体どんなことなのでしょうか。

ダメ!炭水化物抜きダイエット・単品ダイエット

私も以前はよくやっていました!

ごはんなどの炭水化物を抜くダイエットや、キャベツやトマトなど単品を食べ続ける単品ダイエット。

どちらも短期間で体重は落ちます。
でも、偏った食生活は体の代謝を下げてしまい、結果的に太りやすい体を作ってしまいます

私たちアラサーの女性にとって、ダイエットは代謝を上げ、体重ではなく体脂肪を減らすことが大前提。
代謝を上げるには様々な栄養素が必要だといわれています。

そのため、炭水化物を抜く、何か一つの食材のみを食べ続けるダイエットよりも、バランスよく色々な食物を口にした方が長い目で見た時に代謝が上がりダイエット効果が持続します。

「1日3食きちんと食べる」は間違い!

最近のダイエット本や雑誌でよく目にします。

規則正しい食生活といえば、朝・昼・晩、健康的な食生活を心がけること、だと私も思っていましたが、これは間違いとのこと。

「朝食はしっかり食べる・三食バランスよく食べる」は成長期の子供の話で、私たちがこのルールにのっとって食生活を送ると食べすぎてしまうことになるのだそう。

大人が食事をすべきタイミングは、お腹の虫が鳴ったもっと後で、本当に頭の中に食べたいものが頭の中に思い浮かんだ時だそうです。

今まで、「正午になったからランチにしよ」とか「〇時になったから夕飯たべよ」などと思っていましたが、これからはもっと自分の身体に耳を傾けたいと思います。

有酸素運動のみだと代謝が下がる

ダイエットのための運動と言えば、ランニングをしたりウォーキングをしたり、有酸素運動が思い浮かびますね。

しかし、有酸素運動のみをしていると、代謝を上げるのに重要な役割を果たしている筋肉が落ちてしまいます。

特に、食事制限とランニングの組み合わせはやめた途端にリバウンドしてしまうんだとか。

有酸素運動に加えて日々の筋トレを欠かさず行いましょう。
またヨガなどリラックスできるポーズをとるエクササイズは自律神経を整えてくれて食べすぎ防止に繋がります。

なお、ダイエットのためのランニングというとサウナスーツを着て走る方も多いですが、サウナスーツを着用してもダイエット効果は得られません。

アラサーダイエッターが摂るべき「食事」

ここまでのお話で「代謝を上げる」ことがアラサーダイエッターのポイントになることがわかりました。

糖質オフダイエットやカロリー制限のあるダイエットは注意が必要ですね。
炭水化物や油もの、甘いものをひたすら我慢するのはリバウンドにもつながってしまいます。

ではどのような「食事」を心がけると良いのでしょうか。

ダイエットには鶏肉が良いと思い込んでいませんか?

私もダイエットには鶏肉!とにかくささみ!!というイメージがあり
たんぱく質はひたすらささみを食べていました。

しかし、ダイエット時の肉選びは「脂肪を燃焼させるか否か」に焦点を絞ることが重要だそうです。
脂肪を燃焼させるお肉とは、「L-カルニチン」が多く含まれているかどうかで決まります。

脂肪を燃焼させる肉ランキング
  1. 羊肉
  2. 牛肉
  3. 豚肉
  4. 鶏肉

 

あるぱかママ
あるぱかママ
意外にも、鶏肉は最下位なんですね・・・!

ただし、脂肪の少ない赤身肉を選ぶようにしましょう。

【代謝を上げる野菜やフルーツ】を選ぼう

よく、「南国育ちの野菜やフルーツは身体を冷やす」と耳にしますよね。

代謝を上げるためには南国の食べ物を避けて、体を温めてくれる食材を選びましょう。

身体を冷やす食材
  • きゅうり
  • トマト
  • なす
  • バナナ
  • パイナップル
  • すいか
  • メロン
  • レモン

など

 

身体を温める食材
  • 大根
  • かぼちゃ
  • かぶ
  • しょうが
  • ねぎ
  • にんにく
  • ピーマン
  • いちご
  • りんご
  • キウイ(国産)

など

大根やかぼちゃは糖質が高いといわれる食材ですが、体を温めてくれるのでダイエット中にはOKな野菜。(ということは、糖質オフダイエットと並行するのは難しそう。)

 

この他にも、ダイエット中に摂取しがちなカロリーハーフの調味料は、添加物が入っていることが多く代謝を下げてしまうことがあります。逆に、マヨネーズ自体はたんぱく質が多いのでダイエット中に食べてもOKなんだとか。

短期的に見て「痩せやすい食事」を摂るのではなく、
長い目で見て「健康的に脂肪が燃えやすい食事」を積極的に取り入れることが大切なんですね。

代謝を上げ、体脂肪を減らすことが目的

以上のことをまとめると、

私たちアラサー世代が取り組むべき正しいダイエットは
代謝を上げ、体脂肪を減らしていくこと

であると言えます。

 

そのためには

バランスに偏りがなく様々な栄養素を補える食事と
有酸素運動と筋トレを合わせた日々のエクササイズ

が重要になってくるんですね。

私自身も今一度自身の生活を見直し、美しく歳を重ねるために努力していきたいと思います。

 


 

長らく「ワキガ」対策の記事を更新し続けてきましたが、
前回より「ダイエット」のカテゴリーも増やし、
より女性の悩みに特化したサイトにしたいとブログ名も「女性のたしなみ手帖」に改名しました。

私自身が悩み多き人間なので、自分自身をブラッシュアップする意味でも
女性の明日が輝く情報をお届けできたらなと思っています(*^^*)

とてもマイペースな更新のサイトですが、
今年もどうぞよろしくお願いします。